ウィルコムガジェット:位置情報取得サンプル

ウィルコムガジェット位置情報取得サンプル(wdf)
位置情報取得のサンプルです
画面を開いている時に限り60秒に1回位置情報を取得に行きます
ちなみに60秒開けて画面を開けた場合も発動します
(本来はWILLCOM-WIDGET-WAKEUP-TIMEでバックグラウンド含めて定期間隔にやるべきなんでしょうが、とりあえず・・・)
以下、コード

widget.location.onupdate = function(){
viewdata();
};

function viewdata(){
//位置情報を表示
var info = widget.location.getInfo();
document.getElementById("text").innerHTML = "緯度" + info.latitude + "
経度" + info.longitude;
}

function getdata(){
if (widget.location.measurable) {
widget.location.update();
document.getElementById("text").innerHTML = "取得中";
}else{
document.getElementById("text").innerHTML = "位置取得できません";
}

setTimeout("getdata()",60000);
}


viewdataの内容はイベント処理内に書いたらNGでした
Comments











Trackbacks
トラックバックには、以下のURLをご利用下さい。
http://labo.willcomnews.com/trackback/1116326
[PAGETOP]